振袖はレンタルで借りて結婚式に出よう~オトクな活用術~

ウェディング

女性を美しく見せる衣装

パーティー

より良いウェディングドレスを着用したい場合、自分の体型に合ったウェディングドレスを選びましょう。こうしたドレスには様々な種類が存在しています。またウェディングドレスの歴史を遡る場合、そのカラーも純白だけではありません。

借りることのメリット

結婚

結婚式や結納などで振袖を利用するケースがある。振袖を準備する場合、購入する方法のほか、レンタルを利用する方法があり、最近ではレンタルを利用することが一般的になってきている。振袖をレンタルで利用する場合には、はじめのうちに確認すべきことがある。その中でも小物などがどこまで付いてくるかということの確認も大切だ。振袖の利用では、本体のほかに帯や足袋など様々な備品が必要になる。レンタルする際には料金提示されているが、その料金にどこまで含まれているかの確認が重要になる。一見安く見える場合でも、付属品を別料金で借りていくと割高になる可能性があるため注意が必要である。また、振袖では着付けが難しいということもある。そのため、料金にこれらも含まれているかの確認もポイントになる。

結婚式などお祝いごとで振袖を利用することに人気がある。なぜなら一般的に高価なものであるが着る機会が少ないからだろう。高価なものでも日常利用するものであれば、購入する方が効率的である。しかし、振袖では通常利用頻度はそれほど高くないため、購入よりレンタルを選ぶ人が多いということが人気の理由として挙げられる。また、保管の手間もないということもある。振袖では、虫に食われないようにする必要があるなど保管に手間がかかる。しかし、レンタルを利用すればその手間は不要であり、必要な時に借りて終われば返却するだけで済むということがある。その他、新しいデザインのものを利用できることや、着付けなどのサービスと合わせて活用できるなど利便性の高さも人気の理由になっている。

ドレスの種類とは

パーティー

ウェディングドレスの種類にはシルエット以外にもネックタイプが存在しています。自分がアピールしたいポイントや露出したくないポイントを考えてネックタイプを選びましょう。今後のウェディングドレスは時代に合わせて安価で可愛らしいものが増えて行くでしょう。

自分に似合う色を楽しむ

着物

カラードレスを選ぶ際は、ウェディングドレスとのギャップを意識したり、会場や季節感を考えて選ぶようにすると一体感がでてより素敵になります。また、似合う色と好きな色が違うこともあるので、肌色診断などを受けておくとより似合うものが見つかるでしょう。